ハノイ トランジット 観光 入国から交通手段まで徹底解説!

こんにちは!!

今回は、これまで13回の海外旅行で15か国に行った僕が、

ハノイでトランジット観光した経験を活かして、

  • 空港の出入国にかかる時間
  • トランジット観光に出る際の交通手段や時間
  • トランジットの際に困ったことなど

現地でトランジットをした人間しか分からない、安心してトランジット観光ができる情報をお届けします!

かなり丁寧に記事を書いたのでベトナムに行く方は是非チェックしてみてください!

こんな人にオススメ!
  • ハノイでトランジット観光を検討している方
  • ハノイに旅行する予定がある方
  • ベトナムに興味がある方
目次

トランジット観光には6時間くらい必要

ハノイ・ノイバイ国際空港 国際線ターミナル(T2)からハノイ市街までは約30㎞。片道40~60分と近くありません。

  • タクシーやGrab(配車サービス)で40分
  • バスでは約60分

車に乗っている間も楽しいですが、空港から市街までは遠かったです。

ベトナムへの入国検査も30分ほどかかりました。

飛行機が着陸してから車に乗って移動を始めるまで1時間くらいは見ておきましょう。

移動にそれくらいの時間がかかることはきちんと頭に入れておいて下さい。

僕たちは3人旅で、6時間15分の乗り継ぎで2時間の観光ができました。

一人で小回りが利くなら5時間くらいでも観光ができそうですが、団体で動くなら6時間くらいは欲しいところですね。

友達は4時間30分の乗り継ぎだったそうですが、一人でハノイ市街までタクシーでたどり着き、フォーを食べて速攻で空港に戻るという力技をやってのけていました。

しかし、そもそも滞在時間が短いと入国を断られることもあります。

どれだけ短かったとしても最低4時間は必要です。

ベトナムへの入国

2024年1月現在、日本人は45日間ビザなしでベトナムに入国することができます。

また、繰り返しになりますが、4時間未満の短い滞在だと入国を断られるケースもありますのでご注意ください。

そのほか、空路で入国する場合は必要書類はなしとなっています。

陸路で入国する場合は、入出国カードが必要な場合もあるそうです。

ノイバイ国際空港のイミグレーションには20人くらいの列ができていて、30分ほど待ちました。

質問は、入国の目的や出国日などで丁寧に行われるため時間がかかります。

飛行機を降りた後は速足で行動すれば、待ち時間を短縮できるかもしれません。

ノイバイ空港からハノイ市街までの交通手段

タクシー

30~40分でハノイ市街に行くことができます。

相場は350,000〜400,000VND(約2,000~2,500円)ですが、

500,000VND(約3,000円)かかったという話もあります。

その程度かかるという計算でいるとよいでしょう。

2024年1月現在、悪徳業者を政府が徹底に排除する政策を行ったため、ボッタクリはかなり減少しました。

しかし、いまだに変なタクシーが紛れ込んでいることもあるそうです。

以下のタクシー会社は比較的トラブルが少ないと好評のタクシー会社です!

  • Mailinh Taxi(マイリンタクシー)
  • Taxi Group(タクシーグループ)

バス

約1時間で市街と空港を往復することができます。

ただ、渋滞や道の状況が悪く遅延することもあり、80分近くかかることもあるそうです。

支払いは現金のみで、運転も荒いので注意してください。

市民バスなのに80km/hで走っていてなかなか怖かったですし、

急ブレーキで荷物がすっ飛んでいったりもしました。

空港からハノイ市街に中心地に行けるバスの路線は主に2つです。

ホアンキエム湖やハノイ旧市街、ハノイ駅の近くに行くことができる「86」番線。

バスは国内線のT1と国際線のT2、どちらにも停まってくれます。

86番線
  • 「ノイバイ国際空港T2」~「Ha noi駅」まで
  • 45,000VND(約270円)

僕たちはこの時刻表に従って、86番のバスでノイバイ空港まで帰りました。

45分に1本なので注意してください。

86番線の時刻表。「GA HA NOI」がハノイ駅発の時刻表。「SB NOI BAI」がノイバイ国際空港発の時刻表
引用:https://www.bestpricetravel.com/travel-guide/bus-86-hanoi-city-to-airport-2625.html

Grab 配車サービス

Grabはスマホのアプリをダウンロードして利用する配車サービスです。

Grabのメリットは以下です。

  • クレジットカード決済が可能
  • 料金が乗車前に決まるため、トラブルにならない
  • タクシーより少し安い

一方、デメリットは以下です。

  • ドライバーとの待ち合わせが大変
  • 深夜や早朝は車がつかまりづらい

また、深夜や早朝はドライバーが少ないので、車を手配しづらいです。

Grabの相場は車1台300,000VND(約1800円)です。

ちなみにバイクだと1台約150,000VNDが相場です。

料金トラブルも少ないので東南アジアでは人気の配車サービスです。

ノイバイ空港の2階にスーツケースの預かりサービスがある

スーツケースは、2階にある預かりサービスにお預けください。

細かく1時間単位で預けさせてくれます。

2階の少し奥まったところにあるので少しわかりにくいですが、吹き抜けとなっているエスカレーターの近くにあります。

料金は、スーツケース3個を5時間ほど預かっていただいて、500円程度でした。

1個いくらというものではなく、3つを一つのグループとして預かってくださいます。

トリップアドバイザーで調べてみても90,000VND(約540円)ほどが相場のようです。

あわせて読みたい
ノイバイ国際空港ターミナル2のフロアマップ。赤丸で囲っているところが荷物預かりサービスです。

eSIMで電波もOK!

GrabやGoogleマップを使うためには電波が必要です。

eSIMは、データをダウンロードするだけでインターネット回線を使えるサービスです。

別途、eSIMについて詳しく説明した記事を書くつもりですが、eSIMの利点は主に二つです。

  • 最短当日から申し込み、利用が可能
  • SIMカードの抜き差しが不要

日本国内にいる間に設定を済ませておけば、現地に着いてから1分もあれば電波を繋げられるようにできます。

eSIMの電波も無事に繋がり、安心して旅ができる状態になりました!

この度でeSIMを初めて使ったのですが、友達も無事に繋ぐことができていました。

トランジット観光なら1万円あれば安心!

非常時の交通費を計算する

もし何かのトラブルがあり、空港までタクシーで往復することになった場合を考えます。

  • バスを逃してしまった。
  • Grabのアプリが上手く使えなかった
  • 電波が繋がらない

など、様々なことが考えられます。

1万円(約160万VND)を持っていると余裕でタクシーに乗れるので、いざという時も安心です。

レートは現地の方が良いですが、何せトランジット観光は時間との勝負。

日本で両替する、あるいは空港でキャッシングなどを使ってすぐ終わらせることをお勧めします。

1人前の料理が500円程度の物価

総じてベトナムの物価は日本の1/2~2/3と安いです。

1人前の料理をおなかいっぱい食べて、500円程度でした。

屋台に行けばさらに安く200円程度で美味しいご飯を食べられます。

その他、軽食も50~100円もあれば十分でしょう。

地元の人が食べる食事だとそのくらいの価格帯です。

もちろん、高級料理や国際ブランドのものは、日本と同じくらいのお金がかかることもあります。

ものクオリティによって値段はまちまちですが、ローカルなものは日本の半分くらいの値段しかかかりません。

ただ、空港ではやはりモノの値段が上がります。

保安検査を抜ける前のエリアでは、値段は日本の物価の6~7割程度と少し値段が上がります。

また、ベトナムを出国して飛行機の搭乗エリアに行くと日本のコンビニくらいの価格帯でした。

僕たちのトランジット観光 体験記

入国からGrabでハノイ市街に向けて移動

僕たちは12:30にノイバイ国際空港に着きました。

30分くらいで入国審査を抜けて、スーツケースを回収しました。

その後、入国してから2Fの荷物預かりサービスに荷物を預けに行きました。

13:15にいったん自由の身になりましたが、そこからGrabの登録や着いた車を探すのやらで少しもたつき、13時半過ぎにGrabでハノイ市街に向けて出発しました。

14時過ぎに市街へ到着。

ハノイ旧市街でランチ

その後、「Bun Cha Ta」というベトナム料理屋さんへ行きました。

Bun Cha Ta は、Googleのレビュー4.4(3,090件)と非常に高い評価を得ており、

人気観光地である「ホアンキエム湖」からも300mと近い位置にあります。

また、Bun Cha Taは「ハノイ旧市街」に位置していて、

ホアンキエム湖に行く途中にはハノイ旧市街の味のある街並みを楽しむことができます。

食事はベトナム料理で価格は60,000~110,000VND(約360円~約638円/2024年1月のレート換算)です。

僕たちは以下のようなセットを注文

  • お米の麺(フォーではない)
  • 春巻き
  • お肉のスープ
  • 生野菜

春巻きはジューシーで具がたっぷり入っていて美味しかったです!!

麺もゴロゴロと肉が入っているスープが美味しかったです!

スープと麵を一緒に食べるのですが、麺がモチモチ過ぎて少し食べづらかったですね(笑)。

ハノイ旧市街・ホアンキエム湖を観光

お昼を食べ終わって15時ごろになっていました。

Bun Cha Ta からホアンキエム湖を目指します。

ハノイ旧市街は背の高い木が並び、古いビルが所狭しと建てられているエリアです。

道には物凄い数のバイクが走っていて、「ザ・ベトナム」という雰囲気です。

街には東南アジア特有の鼻にかかる酸性の臭いも漂っていて、異国感満載です。

ガタガタの道や歩行者にあまり配慮してくれないドライバーもたくさんいて、

歩くだけでも慣れないことが多くてとても楽しいです。

ハノイに行く際は、旧市街がとてもオススメです!

そうこうしている間に「ホアンキエム湖」に着きました。

ホアンキエム湖は、建物が密集しているエリアに突然現れる湖です。

12万平方メートルの湖は地図で見ると決して大きくありませんが、

都会のど真ん中にあるので実際のサイズよりかなり大きく感じられます。

岸辺には絵を描いている人や、ランニングをしている人、待ち合わせをしている人もいるなど、市民の憩い場として親しまれていることがよく分かります。

湖の北側には大きな交差点があり、無数のバイクが縦横無尽に行き来しています。

日本では有り得ないバイクの交通量にムービーを取りたくなること間違いなしです!!!

ホアンキエム湖から徒歩でハノイ駅へ

ホアンキエム湖から86番のバスの始発点である「ハノイ駅」までは、1㎞ほど。

僕たちは、16時発のバスに乗るべくハノイ駅を目指しました。

歩いている間にもベトナムらしい雰囲気を感じられ、非常に面白いです。

ハノイは現在、急発展している最中ですが、いまだに市民の生活には昔ながらのベトナムらしい姿が残っています。

その町の勢いとベトナムらしい昔ながらの文化が融合している様子は見ごたえがあります。

2時間の滞在でも十分に街の様子や文化を感じることができました。

ハノイ駅に着いたのはバスの出発の10分前くらい。

86番のバス停は、ハノイ駅から向かって左側にあります。

バスはあまり人が乗っておらず、少しわかりにくかったですが、

掲示板に大きく「NOI BAI」と書いてあるので判別することができます。

バスは17:00に、ちょうど60分でノイバイ国際空港のターミナル2に到着しました。

フライトは18:45!

2時間切っている!急げ~~~!!

と、こんな感じです。

6時間のトランジットだと、できることに限りはありますが個人的には大満足でした。

美味しいご飯を食べ、ベトナムらしい街を散策することもできましたから!

ただ、帰りは少し時間が遅くなってしまってギリギリになってしまいました。

バスを使うなら余裕をもって空港に戻ることをオススメします!

まとめ 予習をして安全なトランジット旅を!

いかがでしたでしょうか??今回は以下の点を踏まえて、ハノイのトランジットを徹底的に解説しました!

  • 必要な時間
  • 入国方法
  • 現地の交通手段
  • 荷物の預かりの有無
  • インターネット接続
  • 必要なお金の額
  • 観光スポット
  • 体験談

ハノイの情報はあまりネット上にありませんが、皆さんが安心してトランジット観光ができるように最大限配慮しました。

何事も「分からない」という状態が一番人を不安にさせるので、この記事が皆さんの参考になっていれば嬉しいです!

もしもっと知りたいことがあるという場合は、コメントなどでお知らせください!

最後まで読んで下さってありがとうございました!!!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ 兵庫県神戸市出身で今も在住。
大学1年のときに行ったタイ旅行を機に、学生時代は11回も海外旅行に行きました。今までに15か国を訪れ、その経験や趣味の読書、サッカー観戦、英語などの情報発信をしています。

目次