日本中がサッカー一色に!日本代表のカタールW杯が終了!

日本代表にとっての因縁の地カタール・ドーハで行われたFIFAワールドカップはクロアチアに1-1(PK3-1)で敗れ、ベスト16で幕を閉じました…。

PK戦は本当に残酷ですね…。それでも日本代表が世界の強豪と渡り合えることを示してくれ、日本に飛び切りの明るいニュースを届けてくれたチームのメンバーには本当に感謝です!

「サッカー離れ」が囁かれていた日本がサッカー一色になるのを見ていちサッカーファンとして本当に嬉しかったです。今回は森保ジャパンの日本サッカーへの貢献をまとめます。

人気が最低レベルに低迷していた日本サッカー

コロナでスタジアムへの足が遠のいていただけでなく、テレビでのサッカー中継が少なくなってしまい日本のサッカー人気は近年で最大の危機にありました。

日本代表が参加した2022年の東アジアE-1選手権では前回大会と比べて来客数が約3分の1になり、本気のメンバーが揃うアジア最終予選でもホームで空席が目立ってしまうほどの人気が落ち込んでいました。

さらにはワールドカップのアジア最終予選のアウェーでのテレビ中継が一部でなくなってしまいました。これは日本代表を目にする機会が減り、一般の人がサッカーに興味を持つ入り口が閉ざされてしまう非常にまずい事態です。

実際、ワールドカップの出場が決まったアウェーのオーストラリア戦はすごく盛り上がる試合でしたが、ニュース番組ではほんの数分で終わってしまうとても寂しい扱いを受けていました。

そして、決まったグループではなんとスペインとドイツと同居。「出て当たり前」という悪い意味でワールドカップに慣れてきた日本人にとっては本当に今回のワールドカップは希望がない状態でした。

サッカーにもう一度光が当たった大会

今でも信じられないスペインとドイツを下してのグループ首位突破に、前回準優勝のクロアチアをあと一歩のところまで追いつめてくれました。それもきちんとゴールを奪って、サッカーの楽しみを魅せてくれながら。

今大会では本当に選手たちが勝利を信じて戦い抜いてくれて、歴史的な勝利をなんと2回も掴んでくれました。選手たちの言う通り、多くの子どもたちは日本代表ってかっこいい!と思ってくれたはずです。

子どもたちがサッカー選手に憧れてサッカーを始めてくれたらまだ見ぬベスト8やベスト4、さらには優勝をも目指す未来の日本代表が生まれます。この国のサッカーの歴史を紡いでいくためにも、今大会の活躍は日本サッカーに大きな影響を与えることは間違いありません。

冷めかけていた日本のサッカー熱を復活させ、ベスト8が本気でいけるところだと思えるようになってきました。

ドイツ戦のあとtwitterのトレンド1~30位までがすべてサッカーに関する事だったことはとてもよく覚えています。テレビもメディアもサッカー一色になったのを見たとき、日本サッカーはまだまだ発展できると確信しました。

そんな明るい未来を見せてくれた選手や監督に改めて感謝していますし、これからもっとサッカーを見たいと思いました。胸を張って帰って来てください!

以上!最後まで読んで下さってありがとうございました!!!!!

ルキータ

神戸市出身のサッカー・旅行・読書が好きな社会人1年目です!
日本で生まれ育ちながらも、DMM英会話1000回以上の授業と2回の短期留学を経て、独学でTOEICを450→905点にアップ。
サッカーの推しクラブはレアル・マドリードです!旅行では11か国を訪れました。読書はビジネス書を中心に一年で50冊ほどの本を読んでいます。

ルキータをフォローする
サッカーワールドカップ日本代表
ルキータをフォローする
ルキータ生活向上委員会
タイトルとURLをコピーしました