【必見】内田篤人のFOOTBALL TIME サッカーの奥深さを知れる最高の番組を見る理由

サッカー

DAZNの人気配信番組「内田篤人のFOOTBALL TIME」がついに100回目の配信を迎えました!

僕は就活の時期だった15回くらいを除いてはこの番組を毎回見ています。

プレー面だけではなく、スカウト、代理人の仕事などピッチ外の仕事を生業とするゲストの方々も出演されています。

当然選手も出演して下さるのでピッチ内外から本当にサッカーに詳しくなれます。

これからDAZNの契約を迷っていらっしゃる人に試合中継以外にもDAZNの良さを知ってもらいたいと思います!

ピッチ外の選手の情報を知るのに最適

この番組最大のセールスポイントは幅広い交友関係を持つ内田さんと現役選手の対談です!

対談といっても非常に砕けたインタビューですけど(笑)。

内田さんは最近まで現役をされていたこともあり、日本代表とのパイプも強く多くの選手がオンラインも含めた数多くの対談が放送されています。

特にヨーロッパ各国リーグがオフシーズンになる6月ごろには現役日本代表選手との対談も頻繁に行われています。

そして、なんといっても最大の魅力は対談を通して伝わる選手の人柄です。

内田さんのように選手と近い距離感でインタビューできる人はほとんどいません。

内田さんは日本史上最高のサイドバックの一人として一般人では想像がつかないレベルの多様な経験をされています。

そして、さらにあの脱力した感じの軽妙なトークで対談は内容も濃く、笑いもあるものとなっているため、毎回学びになることが多いのに声を出して笑う時もあります。

本領発揮! PLAYERS LAB

この番組のもう一つの目玉は実際にピッチでプレーの解説・実演をする「PLAYERS LAB」です。

普段どんな練習をしているのか、プロ選手がどのくらいすごいのかをよく理解でき、こちらも必見です!

9割方の収録はスタジオで行われていますが、たまに内田さんや選手がプレーを実演して下さいます。

これが非常にサッカーの理解を深めてくれます。

中でも気にっているのが「大迫選手のポストプレー解説」と「冨安選手のクロス練習」の回です。

特長を選手自身が解説してくれ、何気ないプレーがいかに難しいか分かります。

大迫選手は背後からボールを奪いに来る相手を背中で抑え込むポストプレーが得意です。

そのコツとして本人が仰っていたのは「腰を低くして相手の重心の下に身体を入れて、相手を少し浮かせる」そうです。

分かったところで僕がマネできるわけではないですが、プレーを見ているだけでは伝わらない工夫を知れた時には思わず唸ってしまいました。

冨安選手の回では「選手のリアルな悩みと解決への試行錯誤」を知ることができてサイドバックを見る視点がまた一つ増えました。

冨安選手は「弧を描いて落ちるクロスが上げられない」という悩みを内田さんと共に解決していました。

それに対して内田さんは「腰をひねりきるイメージで蹴れば落ちる!」と見事なクロスを上げました。

普段サッカーを見る時にサイドバックがどのような意識でクロスを上げているか考えることはほぼありません。

試合中に多くのクロスが上がっていますが、それのどこがどういいのか素人でも説明できるようになります。

内田さんの技術と指導力の高さを感じられ、より一層深い視点からサッカーを見られるようになります。

まとめ 初心者からコアなファンまで楽しめる番組

ここまで内田さんの経験や技術、人柄を最大限に発揮して選手の内面からプレーのすごさまで知れる「内田篤人のFOOTBALL TIME」の魅力を解説してきました。

幅広いコンテンツを楽しめるようになっていますが、それを可能にしているのが他でもない人柄だと思います。

本人曰く「芯だけはしっかりしていて、他はフニャフニャ」という性格が、

初心者からコアなファンまで幅広くの層を惹きつけています。

実際に世間から多くの注目も浴びていて内田さんのこの番組での発言は頻繁にネットニュースになっています。

それほどサッカー界での内田さんの影響力は大きいということですね。

それでも、鼻にかけることなく面白くサッカーの話をして下さる内田さん。

そんな番組を是非見てみてはいかがでしょうか???

以上!最後まで読んで下さってありがとうございました!!!!!

ルキータ

神戸市出身のサッカー・旅行・読書が好きな社会人1年目です!
日本で生まれ育ちながらも、DMM英会話1000回以上の授業と2回の短期留学を経て、独学でTOEICを450→905点にアップ。
サッカーの推しクラブはレアル・マドリードです!旅行では11か国を訪れました。読書はビジネス書を中心に一年で50冊ほどの本を読んでいます。

ルキータをフォローする
サッカー
ルキータをフォローする
ルキータ生活向上委員会
タイトルとURLをコピーしました